2005年10月17日

この胸いっぱいの愛を

昨日イライラすることがあり、衝動的にまた映画へ行ってしまいました。
この間見たばっかりなのに私ったら・・・(^-^;


見てきたのは「この胸いっぱいの愛を」。
「黄泉がえりの製作スタッフが贈る、未来からの黄泉がえり」だそうですが
私はまだそういえば黄泉がえり見てないなぁ。。(^^;



早速ネタバレなので追記で〜す。


************************


う〜〜〜〜〜ん、私としては期待はずれ、でした。
もっとですね、感動ものだと思って行ったんですよ。でも。。


まず、なんというか、テンポが悪い。
上映時間の長く感じる事!!
どこがいけないんだか分からないのですが、とにかくまず
映画のストーリーに入り込めないんですよ。
感情を入れるポイントがないっていうか・・・。
最初のタイムスリップも唐突で、???って感じだったし。


中盤、メインのストーリーの他に他の3人の登場人物のサブストーリーがあり、
それの時はちょっと感動するんですけどね。
涙も出てきましたけどね。



軸になる話が「死」なので、ストーリーのイメージ自体が暗いんですよね。
主人公の子供の頃の境遇も幸せってものではなかったし。


さらに↓は映画の重要なネタバレ?なので
映画の面白さが半減してもイイ!って方はドラックで反転して読んで下さい。


ぶっちゃけて言っちゃいますと、主人公達はもう死んでしまっていて。
生前に想いを残した場所にタイムスリップして来たんです。
想いを遂げても、「成仏」していなくなってしまうんですもの。




ってな訳で?所々涙はしたものの、私的にはストーリーは「いまひとつ」でした。
決して「全然面白くなかった」って訳ではなく、いまひとつというところで。



キャストではミムラが良かったかなー。
ちょっとぶっきらぼうな?感じが意外にぴったり来ていて。
バイオリン、練習頑張ったんだろうなー。


あとは、主人公ヒロの子供役の子はうまかったな〜。
「Dr.コトー診療所」のドラマに出ていた子でした。



エピローグ。これもまた重い。(苦笑)
でも、これは必要なものだったんだよなぁ、きっと。。
あの状況で「この胸いっぱいの愛を感じています」って。
ふぅ〜、ため息。。



突然、行くことにした映画だったので
カード提示で300円割引でも1500円かかりまして。
いつもはレディースデー等で安く見るんだけど。

2時間ドラマでも充分な内容だったような気がしてしまったところが
ほんとに残念。。(^^;


そして今回はわかも隣りに座っての鑑賞で。
もしかしてここがストーリーに入り込めない一番の問題だったりして?!
posted by さくら。 at 23:17 | 宮城 ☁ | Comment(2) | TrackBack(6) | 映画・TV・舞台
この記事へのコメント
こんばんわ♪TB有難うございました♪

この映画は良い所もあったのですが、雑多な所も余りある程な感じでもあったので、少し中途半端な風に見えたのも否めませんね。
冒頭の場面でもタイムスリップしたっていう感じじゃなかったですよね。
Posted by メビウス at 2005年10月18日 00:36
メビウスさん、コメント&TBありがとうございました♪

そうですね、良いところもあるのだけどどうも消化不良といった感じでした。
役者さんたちは悪くなかっただけに、惜しい感じがしましたね。
Posted by さくら。 at 2005年10月18日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

この胸いっぱいの愛を(評価:○)
Excerpt: 【監督】塩田明彦 【出演】伊藤英明/ミムラ/勝地涼/宮籐官九郎/富岡涼/吉行和子/愛川欽也/倍賞千恵子/中村勘三郎/臼井あさ美 【公開日】
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2005-10-18 00:33

この胸いっぱいの愛を
Excerpt: “もし、人生でひとつだけやり直すことができるなら・・・” 最初に問います。 “あのエンディングは、アリかナシか(爆)” パンフでのプロヂューサーと監督の対談では、 和美がみかんを拾うシーンで訴..
Weblog: うぞきあ の場
Tracked: 2005-10-20 22:23

???????吾????c?宴?????????
Excerpt: 鐚???ャ??????篌????荀潟????????????祉????c??????????????祉??妓???????????羞怨???????鴻?ф?掩儀??井?鴻?吾??鐚???ャ???顔洪?..
Weblog: 罨ч※
Tracked: 2005-10-22 01:34

納得出来ないストーリー◆『この胸いっぱいの愛を』
Excerpt: 10月24日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 2006年、飛行機に乗り、出張で北九州の門司を訪れた鈴谷比呂志(伊藤英明)は、町を歩きながら懐かしさを感じていた。彼は20年前に少しだけこの町に住ん..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2005-10-26 11:36

この胸いっぱいの愛を 
Excerpt: 『本と映画のランデヴー第五弾』 であります。映画、マンガ、小説の順で見ましたので、その順番に従ってレビューしてゆきましょう。 映画は映画館で観たのでもう半年近く前になります。 ★★★☆  ある場所から..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2006-03-19 16:33

映画『この胸いっぱいの愛を』
Excerpt: 巻き戻して過去の自分を見るんじゃなくて、死の間際にタイムスリップして文字通り20年も前の自分自身と寝食を共にしちゃう、心残りを解消するために・・ 鈴谷比呂志(伊藤英明)は北九州の門司..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-10-05 01:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。