2006年12月09日

武士の一分

昨日は映画「武士の一分」を見てきましたw


先月「涙そうそう」と「DEATH NOTE 後編」観たけど
レビュー書かなかったななどと思いつつ。。




藤沢周平原作、そして寅さんシリーズの山田洋次監督ですからねw
キムタクの盲目剣士ぶりも見てみたかったし。



全然本編と関係ないですが「武士の一分」をキーボードで打つとき
「いちぶん」では変換されません。
「いっぷん」なんですね。「ぶしのいっぷん」
なんか間抜け・・・。




以下、ネタバレ追記でーす。









*******************************





期待してはダメ!と思いつつ
(いつも期待が大きいほどガッカリ度も大きくなったりするので)
やはり期待していたこの作品。(^^;


結果、私的には「良かったけどまぁそうね、こんな感じよね」
という感想でした。



キムタクの演技はなかなかでしたよ。
最初の目の見えるあたりは、庄内弁で喋っていても
「キムタクまんま・・・」とか思うところがありましたけど、
失明してからはやはりぐーっと役に引き込まれました。
剣さばきも、剣道をやってたこともあってかっちょいい。



奥様役の壇れいさんは、健気な奥様役ぴったり。
中間役の笹野さんも、でしゃばらないぴったりな存在感で
映画の土台を作っていました。



でも、何か今ひとつぐぐーーーっと来なかったのはなんでだろう?



私が思ったのは、前2作品とストーリーパターンが似てるよなぁってこと。
男女の愛、剣、そして権力。
ま、藤沢作品自体がそう?なんだから映画がそのパターンになるのは
あたりまえといえば当たり前なんですけどね。


それに今回は、失明ということが加わって。
もう少し、ゆったりとしたストーリー展開が観たかったのかな。



最初の平和なシーン→毒味→生死の境をさまよい→失明→
今後の暮らしについて(?)→妻の不貞?→離縁→復讐→そして最後に・・・



2時間にてんこ盛り。少し忙しかったかなぁ。
あとせめて10分長ければ・・・。
何気ない普通の生活部分とか、もう少し見せてもらえると
もっと感情移入もできたのかもしれない。



「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」、前作を見ていなかったら
また新鮮だったかもしれないけど、上2作をふまえて見ると
似たようなストーリー展開で、、もう少しひとひねり?欲しかった気が。。




最後がハッピーエンド?だったってことは良かったですけどね。
でもそれも大体分かっちゃっていたんですよねww
posted by さくら。 at 10:58 | 宮城 ☁ | Comment(1) | TrackBack(7) | 映画・TV・舞台
この記事へのコメント
突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/〜abc/movieawards/kontents/index.htmlです。
Posted by 日本インターネット映画大賞 at 2006年12月24日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29261389

この記事へのトラックバック

武士の一分
Excerpt: 徳平(笹野高史)の子孫は上京し、やがて鈴木建設社長の運転手へ・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-12-09 11:34

武士の一分
Excerpt: オーソドックスな物語に新鮮味は無くとも, 見終わった後に残る感情は優しく心地良い。 でがんす。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-12-09 19:14

【劇場映画】 武士の一分
Excerpt: ≪ストーリー≫ 三村新之丞は、近習組に勤める下級武士。毒見役という役目に嫌気がさしながらも、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。ある日、毒見の後、新之丞は激しい腹痛に襲われる。あやう..
Weblog: ナマケモノの穴
Tracked: 2006-12-09 22:02

武士の一分 (2006年)
Excerpt: 【コメント】★★★★★★★☆☆☆ 山田洋次監督による藤沢周平の作品を原作とした...
Weblog: シネマテーク
Tracked: 2006-12-10 16:42

『武士の一分』
Excerpt: 命をかけて、守りたい愛がある。     ■監督・脚本 山田洋次■原作 藤沢周平(「盲目剣谺(こだま)返し」文藝春秋刊【隠し剣秋風抄】所収) ■脚本 山本一郎・平松恵美子■キャ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-12-11 23:17

★「武士の一分(いちぶん)」
Excerpt: SMAPのキムタク主演の時代劇。 彼のファンの人は、「キムタク」とは呼ばないそうですが、 良い意味のあだ名なので、敢えて。 結構スマップ好きなひらりんなんですっ。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-12-12 04:46

『武士の一分』’06・日
Excerpt: あらすじ下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)とともに幸せに暮らしていた。しかし、藩主の毒見役を務め、失明してしまったことから人生の歯車が狂い始める・・・。感想直ぐにTVでやると思って..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2008-01-02 23:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。