2006年09月09日

花田少年史

え〜と、もうだいぶ前になるのですが
夏休み終了前に、映画「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」を
子供達と一緒に見てきました。
で、今さらながらレビューを。(でもちょっと忘れかけだ…)


えーっと、まず。



あれは原作とは別物ですねw



原作のマンガは、旦那が買ってきたんです。もう2年くらい前かな〜?
マンガなんて買ってきたの初めてだったのでびっくりしたんですよ。



なので、マンガは知っていたし、アニメも宮城県地方では
夏休み中ずっと再放送やっていたので見ていたし。
笑えて泣けて、ムスメも私も夏休み中毎日録画して見てました。




で、映画の一路クンの方はというと・・・





ネタバレがあるので一応追記にしておきますね〜。

花田少年史 1 (1)花田少年史 1 (1)
一色 まこと

by G-Tools


花田少年史 DVD-BOX花田少年史 DVD-BOX
一色まこと くまいもとこ 矢尾一樹

by G-Tools





*********************************





まず、年代設定からして現代じゃん!!



原作は昭和40年代くらいだよね?設定。
全然前情報を仕入れないで映画見たからびっくりさ。



お母ちゃんは篠原涼子でキレイだし。
お父さんは大工じゃないし。
お姉ちゃんもデブスマンじゃないし。笑
全然原作とキャラが違う!!



でもまぁ、ほとんど別のお話として見ると




面白かったよ〜♪





原作もそうだけど、ちょっぴり恐くてでも笑える。
そして泣ける。(それも涙ダーダー)



映画の中盤以降は泣きながら、笑いました。笑





個人的には、北村一輝さんがツボでした〜。
立っているだけで・・・笑える。そして胡散臭い。笑
いやぁ〜、すごい役者さんですねww



あと、篠原涼子はカッコイイ!!(゚∀゚)




子供向け映画と思って見るとイタイ目をみます。
今から見るお母さんは是非ファンデーションをご持参下さい。
絶対?化粧剥げますから!笑




ポケモンとかアニメ系映画を卒業した子供と夏休みに見るには
ピッタリの作品って感じでしたよ〜。
ムスメも笑ってちょっと泣いてましたw
posted by さくら。 at 22:56 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・TV・舞台
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23516321

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。