2005年02月07日

オペラ座の怪人

今日は、映画版「オペラ座の怪人」見に行ってきました!!


わかが生まれる前に、仙台に劇団四季の「オペラ座の怪人」が
ロングラン公演にやってきたのです。


初めて見た「オペラ座の怪人」。ものすごく感動したのです。


美しいメロディー、すばらしい歌声、そしてストーリー・演出。
どれをとっても素敵!!!


4ヶ月くらい公演していたのですが、その間4回見に行きました。(でもS席は1回だけ。あとはC席)
もちろんCDも持ってます。(笑)


なので、今回とっても映画楽しみにしていたのです。
でも、私が見た舞台とどういう風に変わってしまうのかちょっと気になってました。



が。



もうぜんっぜん心配することなんてなかったのよー!!!



映画、とっても素敵でした・・・。


ここから先はネタバレありなので、追記ということで。


******


まず、音楽が。
あの舞台の音楽そのままなんだものー!!


アンドリュー・ロイド・ウェーバー!アンタ最高だよ!!(失礼だ…私)


全曲がすごい!全曲が素敵!!


音楽が、というか、映画全体が舞台と同じ流れ、同じ曲なので
普通のセリフというのはほとんどなく、あとは歌。
映画の9割以上歌なのです。


そして、俳優さんたちが吹き替えなしで唄っている!
(注:カルロッタは吹き替え)


特にクリスティーヌは、もうイメージピッタリ。
初々しくて、清々しくて、細くて可憐。そしてちょっぴり色っぽい。

あの女優さんはどこかで見たことがあると思ったら
「デイ・アフター・テゥモロー」に出てた息子の彼女役だったのね。
ほんっとに素敵でした〜。



あとはですね、個人的趣味に走りますが(笑)


ファントムがめちゃめちゃかっこいい!!


あんなにカッコよくてスタイルのいいファントムは反則だよー!
もうちっとおじさんのイメージがあったんだけど…カッコよすぎだべ。。


でも、またこれも個人的意見ですが
ファントムの歌声はあんまり好きじゃないかも・・・。
四季のおじさまがた(これまた失礼!)の歌声の方が私は好みだな揺れるハート


ラウルもフリフリのブラウスと髪のリボンが良く似合いますねぇ。
あれは、日本人の俳優さんが頑張ってもちょっと及ばないとこがありますよね。(^-^;



映画の方は、舞台の流れそのままで、その舞台のイメージを補足させたような感じ?
舞台ではどうしてもセットなどの舞台装置にも限界があるし。


地下へ地下へと降りていく階段。
水面を滑る舟。
墓地での決闘。
オペラ座の舞台裏の人々。 などなど・・・


一つ、ファントムがどうしてオペラ座の地下に潜むようになったのかということを
マダム・ジリーが語る…というのが舞台版ともっとも違うところかな?
(でも私、何故かこの話知ってたんだけど。どこで知ったのか思い出せない…)


あとは、エピローグ。年老いたラウルが出てくる。
最後の最後に、、あるんですよ。これは見てのお楽しみ。(笑)
皆さん、ご自分の目でお確かめ下さい。



あ、ひとつ気になったことが。


舞台を見ていない人があの映画を見たらどういう感想をもつのかしら…?


すごーく気になったので、書いてみました。
もし「映画だけ見た!」という方いらっしゃいましたら、
コメント書き込んでいただけると私、とっても嬉しいです。



私は、CDで歌を全部覚えてしまっているので
日本語の歌詞がメロディーとともに頭を駆け回り、
字幕の歌詞も追いかけ、そして映像も見なくちゃイカン!ってことで
ちょっと混乱した部分もありました。(^-^;


でも、字幕を追っていて思ったのですが
舞台版の日本語の歌詞も日本人の心をくすぐるようにきれいな言葉で
素敵に作られているんだな〜って。


「夜の調べとともに」とか、「もはや引けない」とか。
そういうセンスって、すごいですね。




ラウルとファントムの間で揺れ動くクリスティーヌ。
クリスティーヌを愛するファントムのゆがんでしまった純愛。


もう、、、泣かせるぜ〜。



ほんと、見ごたえ充分でしたよ。
時間とお金があればもう一度見たい!

ま、DVDは間違いなく買うでしょう。
でも、一緒に行ったYちゃんと話していたのですが


「メイキング映像は、見たくないよね。」


「オペラ座の怪人」はそのまま、映画の世界のまま心にとどめておきたい。
メイキング見てしまうと一気に現実になってしまってしらけてしまいそう・・・。


そんな気にまでさせる映画でした。



はぁ〜、今日はファントムが夢に出てきそうですよ・・・(爆)


posted by さくら。 at 23:07 | 宮城 ☀ | Comment(4) | TrackBack(4) | 映画・TV・舞台
この記事へのコメント
おぉっ!
劇団四季の「オペラ座の怪人」が好きなので、
映画を見に行こうか悩んでいたんですよ。
見る価値ありですか!!
あの、ジャジャジャ〜も有りなんですね!
何か、映画なのに歌ってばかりで、いまいちって
言っている人もいて、迷っていたんですよね。
さくら。さんを信じて行ってみます(^o^)/
Posted by co-ar at 2005年02月09日 21:51
co-arさん、いらっしゃいませー♪
おぉ!劇団四季の「オペラ座の怪人」がお好きなんですねー!
ナカマ!☆(*^o^)乂(^-^*)☆

あれが好きなのでしたら、絶対ツボだと思いますよ。
だって、舞台そのままの流れだし。(笑)

ファントムの歌が賛否両論らしいですね。
見た後、感想など聞かせていただければ嬉しいです♪
Posted by さくら。 at 2005年02月12日 14:30
はじめまして♪
私は舞台は見に行ってなくて映画だけ見に行ったくちです!前々から「オペラ座の怪人」という響きが好きでいつか見てみたいと思っていたんです・・・・・・最高でした!!!音楽も三人の出演者も大好きです。友達二人も大変ハマッテいます。ただ歌ばっかりでつまらないと言う人もいて、賛否の差が激しいです
Posted by いおり at 2005年03月07日 19:25
いおりさん、はじめまして&いらっしゃいませ♪
いおりさんは映画だけ見てきたんですね!

いおりさんとお友達2人のツボには合ったんですねー♪
メインキャストの3人はピッタリでしたよねー。
ハマル人はほんとにハマルんですよねー、あの世界。(私がいい例・笑)

「なんで普通にセリフがないの?」っていう感想も、
ミュージカル映画って知らないで行けばもっともな感想なんですけどね。(笑)

また遊びにいらしてくださいねー♪
Posted by さくら。 at 2005年03月09日 08:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

オペラ座の怪人
Excerpt: 久しぶりの映画館での鑑賞でした。で、「オペラ座の怪人」です。 全編というか9割くらい歌でした。ミュージカル好きにはたまらない映画ですね。これは! でも、ミュージカル嫌いの人には受け入れにくい内容で..
Weblog: In my opinion・・・
Tracked: 2005-02-10 01:11

「オペラ座の怪人」、感想は。。。
Excerpt: いやー。「オペラ座の怪人」、かなりの人気作を裏付けるかのようにすごい人でした。 たまたま、1日で1000円デーということもあったのですが。 感想はというと とにかく   ミュージカ..
Weblog: ボソっと言ってみっか・・・
Tracked: 2005-03-04 12:46

『オペラ座の怪人』
Excerpt: ■監督 ジョエル・シュマッカー ■製作・作曲 アンドリュー・ロイド・ウェバー ■キャスト ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン  それは、哀しくも美しい愛の物語 19世紀..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2005-03-09 12:21

オペラ座の怪人 The Phantom of the Opera
Excerpt: ★本日の金言豆★製作総指揮は「ミッション・インポッシブル」シリーズと同じ人(P・ヒッチコック) 15年も前から映画化の企画が持ち上がりながら、紆余曲折を経てようやく完成にこぎつけた本作。その舞台裏のそ..
Weblog: 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等
Tracked: 2005-05-20 23:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。