2006年03月13日

シムソンズ

昨日、今年最初(!)の映画を見てきました〜。



「シムソンズ」



トリノオリンピックで話題になった、カーリングの映画。
なんでも小野寺選手と林選手がいたチームが話のモデルらしく、
我らが大泉洋ちゃんも出ているじゃありませんか!!



これは行くしかないでしょ〜、ってことでダンナと一緒に行ってきました。




では、いつも通り追記で感想なぞ。ドゾー。






****************************




いやぁ〜、あなどっておりました!



ものすごい良かったです!!





お決まりの青春モノだと思って見に行ったんですけどね。
ん?いやお決まりの青春モノ?なんですけど、



良かったんですよこれが。




田舎(常呂町)の普通の女子高生和子チャン。(加藤ローサ)
これといったとりえもなく、熱中するものもなく
高校卒業してから、ふつーに結婚してふつーに子供生んで・・・と
この先が見えてしまうような自分を打破すべく、
キラキラしたものを探し出し、打ち込んでいくのです。



そのキラキラがカーリングであり、その仲間たちなのです。




話の序盤の和子の普通の生活っぷりがいい。
友達と喫茶店でしょーもない話したり、
あこがれの先輩を追っかけたり。
ほんとに普通で、いつのまにか感情移入してしまうの。笑



カーリングに出会い、その中で
チームのメンバーやコーチとの葛藤や友情、
次第にキラキラしてくるみんながすごくいいんです。




歳のせいかしら、オバチャン最近こういうの、ほんとダメ。
終盤のセリフ「みんな、笑おう」「胸張ろう」(←たしかこんな感じ)
ではもう涙がダーダー。(ToT)



ほんと、やられましたよ。笑




この話がまた実話を元にしてるってことがまた
さらなる感動を呼ぶんですよ。
今をときめく「カー娘。」の話ですからね〜。



かくいう私も、晩ご飯の支度そっちのけで
TVにかじりついてオリンピックのカーリング見てた一人ですから。笑




最後のシーンで、4人が揃ってオリンピックの試合へ挑んでいくところは
背筋がゾクゾクーっとしました。





今思い出してもちょっとウルってしまうくらい
私は好きな映画です。(^-^)





モデルになった現在「チーム青森」の小野寺さんと林さん、
もしかすると今季限りで引退かも?なんて
今日のYAHOOのニュースに出てたけど
もっともっと続けて欲しいなぁ。



カーリングの試合中継とか、もっとTVでやってくれればいいのにな〜。




ってもうすっかりカーリングファンですわ。
映画製作した関係者の方々の狙い通りですね。笑
posted by さくら。 at 21:58 | 宮城 ☀ | Comment(3) | TrackBack(1) | 映画・TV・舞台
この記事へのコメント
えー、さそってよー(笑
って、今回はダーリンと行ったのね。^^*

えいが、ホントいってない。
最後に行ったの、ブエナビスタ何とかかんとか(名前忘れた)だよ!
何年前だよ!笑
Posted by まき at 2006年03月13日 22:52
うわーっ いいな いいな!
邦画ではなかなか気に入る映画がないんだけど
これはちょっと期待できそうって思ってたのですよ。
Posted by ともこ at 2006年03月14日 09:26
*まきちゃん

そうなのよー。今回はダンナと一緒だったのよー。
ついでにわかもね。笑

今度一人で行く時はお誘いしまーす♪
でもね、結構急に思い立つのよね。
突然「行きたい!行くぞぉ!!」って。笑


*ともこちゃん

うふふー、見てきちゃったわよん。洋ちゃん。
無精ヒゲとか、ダラダラとしたスウェット姿とか
はまり過ぎー!笑

実話はダメだよ、反則だよー。ジーンとくるもん。(^^;
Posted by さくら。 at 2006年03月15日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14766996

この記事へのトラックバック

シムソンズ
Excerpt:  かつてはチープで二番煎じと言われてきたが、、オリンピックの公式スポンサーにも選ばれ、市場を賑わせるほどに成長した家電企業・・・そりゃサムソンだ。
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-03-13 22:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。