2004年11月11日

東洋医学

めまいについてちょっとネットで調べてみたところ
西洋医学よりも東洋医学の方がメニエルなどの治療を得意としているということを
小耳にはさみ?ました。


鍼灸、整体、漢方などなど。
これは一度行ってみなければ!とは思ったのですが、
そういう病院などに行った事ないもんで、どこに行けばいいのかわからない。。


という事を実家に行ったときに話してみたところ、

「近所で評判の整骨鍼灸院があるから、とにかく一度行ってみなさい!」

と言われ、そのままわかを実家に預けて行ってみました。


まずは大体の症状の話をした後、マッサージ椅子に座って一通りマッサージ。
その後は診療のベッドに移り、横になってツボにシールをペタペタ貼って
そこに電気を流されること15分。

で、先生にマッサージをしてもらった訳ですが。


いっでーーー!!!(←痛い)


耳の後ろの三半規管のツボ(らしい)をグリグリされたら
泣きそうなほど痛い!!


「あー、こんなに硬くなってたらめまいにもなるわ〜。」と、先生。


先生「20代の頃から肩こりひどかったんじゃない?」


私「ハイ。。」


先生「これは頭痛もかなり辛かったんじゃないのー?」


私「ハイ。頭痛薬はいつも持ち歩いてます…」


先生「こりゃー、しばらく毎日通わないと。これじゃー薬飲むとかいう問題じゃないよ。」


あはは・・・そうですか。そういうことか。
基礎代謝がまずダメだということなんですね・・・。


毎日通うようにっていうことだったのですが、実家まで車で30分弱。
毎日通うのは体が辛い。。ってことで
自宅近くの評判のいい接骨院をお友達に教えてもらい、昨日早速行ってみました。
そこでもやはり同じような事を言われ。。


「左の耳の方が凝ってる感じが強いですね。」


さすがです。左の耳が耳鳴りするんです。
いい病院紹介してもらって良かったー(^^;)


今日は色々あって行けなかったのですが、
時間が許す限り通ってみます。


う〜ん、なんか光が見えてきたカンジ?
posted by さくら。 at 18:51 | 宮城 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | めまい
この記事へのコメント
僕が学んできた結果、病気に対して、西洋医学がいいとか、東洋医学がいいというのは無いっぽいです。
ただ、その人には西洋医学が合うとか、東洋医学が合う。ってのはあるみたい。
特にメニエル系は、精神的な部分が大きいので、自分がいいと思った治療がベスト。
断続的なストレスを無くすのが最善のようで、知り合いに聞いたら、7年前にメニエルが発症し、2年掛けて治療したら、あれ以来発症していないらしいです。
根治ってのは確信出来なくても、2度と発症させない事は可能な様です。
ゆっくりゆっくり治していくのが、再発防止の突破口の様です。
頑張って!お大事にm(_ _)m
Posted by co-ar at 2004年11月16日 12:13
co-arさん、いつもコメントありがとうございます(^-^)

なるほど。体質的に合う合わないってあるでしょうね。
私はたまたま体が凝り凝りだったので、マッサージにも通うようになりましたが。

入院していた病院からの薬「アデホス」と「イソバイド」は飲み続けてますよ。

私も気長に、なんでもプラス思考で行きます(^-^)

>頑張って!お大事にm(_ _)m
ありがとう!!嬉しいです(涙)

あ、co-arさんのBLOG、ブログピープルのリンクリストに
登録させていただきました♪
Posted by さくら。 at 2004年11月16日 15:38
BlogPeople登録、ありがとうございますm(_ _)m
こちらからも急いで登録いたします(^^)/
何かメニエルネタしか書き込んでいなくてスミマセン。
また来ますね〜
Posted by co-ar at 2004年11月16日 17:17
いえいえ、こちらこそ登録ありがとうございました♪

私もco-arさんのところに近々書き込みにおじゃましたいと思いまーす!
Posted by さくら。 at 2004年11月18日 21:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1014048

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。